HOME>ペリオ(歯周病)治療

歯周病治療/ますち歯科診療室 MASUCHI DENTAL CLINIC

ペリオ(歯周病)治療について

歯周病は、進行してゆくと、細菌によって起きた歯ぐきの炎症とともに、歯を支える骨が溶けていく病気です。
日本人の成人の約80%が歯周病にかかっているといわれています。
生活習慣病としての歯周病に対して、治療により状態を改善し、そして進行させないための提案、相談を丁寧に行っています。

ペリオ(歯周病)の進行度・自覚症状

歯周病の進行度

健康な歯の状態

0.健康な歯の状態

軽度歯周病

1.軽度歯周病
歯ぐきが赤くなります。
たまにブラッシングのとき、どこかわからないけど、血がにじみます。

中等度歯周病

2.中等度歯周病 
体調のせいか、たまに歯が浮いたり、固いものをかんで、痛かったり、腫れて出血します。

重度歯周病 重度歯周病 レントゲン

3.重度歯周病
腫れや出血を繰り返します。歯がぐらついて咬みこめません。


診査診断

歯周検査……歯と歯ぐきの境目の歯肉溝の状態をしらべます。

そこは、歯周病細菌の住みつく所。通常2〜3ミリの深さですが、細菌による炎症で、4ミリ以上となると歯周ポケットと呼びます。歯ぐきの発赤や出血が初期症状です。
進行すると、排膿を認め、歯槽骨の破壊が始まります。

ポケット判定の図

口腔内細菌検査

(1)細菌カウンタ検査(口腔内の総細菌数の検査)

ますち歯科の顕微鏡お口の中の総細菌数は、歯周病細菌数と相関関係があり、お口の衛生状態を知ることが出来ます。

コラム:細菌数を調べる「細菌カウンタ」

(2)位相差顕微鏡検査

ますち歯科の顕微鏡歯周ポケット内のプラークの中の細菌の活動性を調べます。

お口の中の細菌たち

<カンジタ菌>

カンジタ菌 細菌の温床で自らも酸を出し歯肉に刺さりこんでゆきます。

<トレポネーマ>

トレポネーマこれが多いと、歯周病は進行しやすい状態です。

<桿菌>

桿菌活発な運動性のものも指標となります。

(3)説明

状態の説明とともに、検査結果シートをお渡しします。

(4)口腔内水分検査

唾液は、様々な能力を有しています。
歯周病細菌に対しての抗菌能力もその一つです。
免疫物質を多量に含む唾液ですが、唾液腺(唾液の生産工場)の機能低下や、口腔内の乾燥があると、歯周病の進行に拍車がかかることが分かっています。

(5)かみ合わせ検査

生活におけるブラキシズム習慣(かみしめ、くいしばりの癖)によって、歯に過度な圧が加わり続けると、歯周ポケット内の病原性細菌の増殖につながります。これは、力と炎症のコントロールと呼ばれています。

以上の診査診断より、治療方針を決定いたします。

ペリオ(歯周病)の基本的治療法

軽度な歯肉炎や着色・歯石がある場合

治療前の歯

下の前歯の裏側に、歯石と着色(タバコのヤニ)がついています

治療前の歯

歯の裏にも着色があります


TBI(ブラッシングの仕方を一緒に考えましょう)

プラークの様子

赤く染まったところがプラークのついているところです

歯を磨いている様子

ハブラシで、プラークをおとします。毛先を使い細かく動かします

次は 

SRP(歯石除去)

歯石除去

歯石はプラークの塊が唾液の成分で石灰化して固まったものです。スケーラーという機械を使い歯石を取り除いていきます。

次は 

PMTC(歯の表面を機械的にクリーニング)

クリーニング中 クリーニング中

歯ブラシでは取りきれない頑固な汚れも、微粒子な研磨剤を用いて機械で磨いていきます。

術前・術後

歯面のザラザラがとれました。


術前・術後

白さが回復しました。

歯周病治療の1番のポイントは、歯周ポケット内をクリーニングして、除菌することです!

次は 

予防メンテナンス定期的なPMTC

歯周病の治療は、原因であるプラークや歯石を歯に残さないようなブラッシングの指導と、除去が中心となります。
定期的なクリーニングが、おすすめです!

3〜6ヵ月毎(保険内3,000円程度)

お問い合わせはこちらからフォームメール

フォーム

中等度から重度のペリオ(歯周病)の場合

中等度から重度の自覚症状

歯周病が中等度から重度になると、下記のような自覚症状がみられます。

診査

治療

以上を組み合わせても改善しないケースでは、歯周外科治療を選択。

局所麻酔下での歯ぐきの形態整形と歯根深部までの徹底的なクリーニングを行い、細菌の温床となりうる部分を減少し、自身でのケアがしやすい環境に改善する。

すでに歯周病進行が著しいケース、または保存のための治療の効果が残念ながら得られなかったケースでは、抜歯を選択することとなる。

お問い合わせはこちらからフォームメール

フォーム

力のコントロールの必要

過度な力は、歯周病を悪化させます。
食べ物をかみ砕く時や、歯ぎしりの時の余計な力をにがす修正が必要な場合があります。

全身への関与

歯周病はこんな病気に関わっており、お口の中の問題だけではない事が、解明されています。

動脈硬化などの血管系の病気

歯周病原菌が炎症部より血中に入り込み、血管壁に感染がおこり、動脈壁の硬化を引き起こすという仮説がある。

また、歯周病原菌の作用で血小板が凝集して塊となり、それがはがれて血栓となって心臓の冠状動脈などにつまることも考えられる。

心臓の病気

心臓の弁に障害があったり人工弁を入れているケースでは、血中に入り込んだ歯周病原菌が心内膜に定着、増殖し、細菌性心内膜炎が引き起こされる。

肺炎などの呼吸器疾患

早期低体重児出産

糖尿病など


ホームケアについての提案・おすすめグッズ

おすすめグッズ

薬用歯間ジェル

薬用成分が歯周ポケットに浸透して歯周病を予防! 歯間ブラシにつけて使ってね!

540円

ルシェロ

リピート率ナンバーワンの歯ブラシです。
箱売りのみ対応しています。

[やわらかめ(S)、ふつう(M)]

1,750円(350円×5本)

ペリオバスター

歯周病の細菌を抗菌したい方へオススメ!
除菌治療終了後の状態を維持します。歯周病予防に自宅でできるマウスケア!ご家族でもお使いいただけます。
100%天然成分除菌液です。

1,850円


これらをオススメしています。詳しくは当院スタッフにお気軽にお尋ねください。

お問い合わせはこちらからフォームメール

フォーム

pagetop

ますち歯科診療室の心構え

患者さまの歯を保存するための医療が、私たちの最大の責務と考えます。
それは、適確な診査診断、そして治療とその後のケアを 患者さまと「二人三脚」で行うことによって、その目標は強固なものになり、安定と安心につながります。
そこで、もっとも私たちが大切にしていることは、生活の中で、長く良い状態を維持できるための最善の方法の追求です。それは、1本の歯を保存することも当然含まれますが、歯列、かみ合わせ、顎の健康という視野で全体を考えることでもあります。
「木を見て森を見ず」ということが、無いように。
私たちは、プロとしての最良の治療方針を必ず提案するのが義務であり、またその中で患者さまのお気持ちを受け止めつつ、相談の上で、その時のベストな治療を進めていくのが、私たちますち歯科診療室の存在意義と言えます。

メニュー
医院情報
pagetop