HOME>医院情報>地域活動・メディア紹介

地域活動・メディア紹介/ますち歯科診療室 MASUCHI DENTAL CLINIC

当院が掲載されている取材記事や、十勝歯科医師会で院長が担当した記事などを掲載しています。
過去の地域活動・メディア紹介を見る(〜2015年)

2018年3月30日 十勝歯科医師会保険講習会

2018年3月30日 十勝歯科医師会保険講習会

次年度からの診療報酬改定での北海道厚生局主催の集団指導、一昨日に行われたが、その詳細補足のための保険講習会に出席。主催は十勝歯科医師会だが、札幌より北海道歯科医師会保険担当理事が講師として来られる。会場は、十勝歯科医師会館講堂

今回の改定での新たな施設基準の複雑さはあるが、さすがに2回話を聞いたので、大分整理された。

20時からスタートして、22時終了。
お腹・・・一杯です!

2018年3月29日 十勝連携の会幹事会

2018年3月29日 十勝連携の会幹事会

医療介護福祉の有志の会である「十勝連携の会」の幹事会に出席。
会場は、開西病院会議室にて。

今回は、来月に行われる広尾町での在宅医療の選択肢を啓発する地域住民寸劇の打ち合わせと、読み合わせを行う。段々と気心と勘所が知れてきて、非常に和やかながらもディテイルが整備されてきているのがわかる。みなさん、それぞれのお仕事が終わってからの集合だが、熱意とユーモアがいい感じである。

(小声で、つぶやき)
同業者の集りで、なかなかこの空気感は無いね・・・
(全くここだけになっちゃいないが)

2018年3月28日 30年度保険改定集団指導

2018年3月28日 30年度保険改定集団指導

30年度の保険改定集団指導に午後休診して出席。
主催は、北海道厚生局。会場は、十勝プラザレインボーホールにて。

今回の改定では、新たな施設基準(必要な要件を満たして認可されると、保険診療での評価点数が変わる)が多く加えられ、4月は、結構忙しい様相。社会のニーズに対応しての変化だが、分厚い資料を3時間ぶっ通しで進められた。

終わって、エネルギーを充電だか、放電だかしらねど、気の合う仲間で夕方飲み・・・

こりゃ、いいね!

2018年3月25日 独演会後のジャズライブ

2018年3月25日 独演会後のジャズライブ

日曜午後より、地元出身の落語家「桂 三段」さんの独演会に行く。
会場は、市内の スタジオ・ライブにて。

毎朝、「わろてんか」で「笑い」は人の生きる力!を学んでいるので、もうしっかり、笑わさせていただきました!
三段さんの話芸は、素晴らしい!

その後、独演会とのコラボで所属バンドでのジャズライブにベースにて参加。枯葉、テイク5他数曲を。
こちらは、「半笑い」程度か・・・

2018年3月24日 十勝歯科医師会臨時総会

2018年3月24日 十勝歯科医師会臨時総会

十勝歯科医師会の臨時総会に出席。H30年度の事業計画、予算の議決が主たる予算総会である。会場は十勝歯科医師会館にて。

今回は、初めて副議長を依頼される。と言っても、議長の横に寄り添うのがお仕事!しかし、質疑応答では、少々活発すぎる?やり取りが有り、寄りそうだけの副議長も十分疲労した・・・

活発な意見交換は大切なのだが。。。

終了し、降壇の際に副議長挨拶のお役目で、慎重審議のご協力に感謝と、次年度の理事者の歯科医師会でのご苦労への感謝と戦略戦術を駆使した事業での先導、そして我々会員も当事者意識を持って協力に汗をかき、当会のさらなる地域での寄与向上を願う事を述べさせていただいた。(少々、長かったか?)

その後、懇親会での乾杯の後の一言。

「疲れすぎ!・・・」

2018年3月23日 歯科医師会地域医療部会

2018年3月23日 歯科医師会地域医療部会

十勝歯科医師会で所属の地域医療部会に出席。

会場は、十勝歯科医師会館にて。

在宅歯科医療の推進が主たるテーマの部会であるが、北海道からの委託事業である「在宅歯科医療連携室整備事業」での行政からの現場への縛り(ルールとも言うが)が、以前と変化している事を知る。

ひとつは、地域に配置された住民への窓口である歯科衛生士専門員の在宅への訪問のための交通手段を、その人の自家用車利用で無く、道庁職員に準じてバス、タクシーの公共交通を利用するようにとのこと。

事故の問題などを考えると理解可能だが、札幌都市部と道内の町村部では、公共交通の整備が大きく異なる。道中の交通手段に保険をかけることである程度の対応はできそうだが、必要な手配を行いながら各々地域での自由度を持たせていかないと、なかなかこの事業の目を見張る浸透は難しいのではないかと思った。

部会あと、同じ会館内の別室で行われる歯科医師政治連盟会議に出席。こちらも案件が・・・

2018年3月22日 十勝歯科医師会帯広会幹事会

2018年3月22日 十勝歯科医師会帯広会幹事会

十勝歯科医師会帯広会の幹事会に出席。
会場は、十勝歯科医師会館会議室にて。

今回は、今年度最終幹事会となり、次年度開催の総会等の案件について和やかに?協議を。幹事会内の気心も知れて、いい感じである。

今年度もあと残りわずか。
でもやる事は、まだある・・・

2018年3月19日 スタディクラブ火曜会例会

2018年3月19日 スタディクラブ火曜会例会

所属のスタディクラブ火曜会の例会に参加。

今回は、外部講師による特別例会として、市内で開業のT先生を講師「デュアルホワイトニングの実際」をテーマに講演いただく。

会場は、市内グランドホテル会議室

当診療室ではホワイトニング、正確に言えばブリーチングは行っていないのだが、知識として確認する良い機会になった。

その後街中のお店「ミートバル」に移動しての懇親会では、会員の先生との親睦を深める場に!

これ以上親睦を深めてどうするのか?

という気持ちも無きにしも非ずだが、いやいや親睦の旅路は続くのだ・・・

2018年3月15日 十勝歯科医師会70周年記念誌

2018年3月15日 十勝歯科医師会70周年記念誌

(一社)十勝歯科医師会の創立70周年記念誌が発行された。

掲載された歯科医師会の業績の中に、自らの携わった事業もいくつか列挙されており、当時の記憶が思い起こされる。

今回、記念誌内で担当した「在宅歯科医療連携室整備事業」について寄稿した。4年間の自分なりの奮闘で、少しは 地域への歯科医療の責務遂行の橋渡しになれたか?という思いを込めた文章を綴った。

今後の歯科医師会の地域への貢献継続に大いに期待するところであり、また一会員として地域医療での責務を担っていきたい。

2018年3月6日 帯広養護学校歯科訪問へ

2018年3月6日 帯広養護学校歯科訪問へ

学校歯科医を務める道立帯広養護学校での歯科指導に、お昼休みにスタッフのT主任と協力歯科医のK先生とともに出動。

6月の学校歯科健診の後、2〜3学期に隔月で昼休みの学校訪問を行い、健診・診査、食事観察、食後のケアそして教職員や家族からの質問への対応を行っている。児童生徒さんは皆礼儀正しく、先生たちはフレンドリーな様子に、こちらも気持ち責務に臨んだ。

終了後、校長室でお茶をいただきながら少しお話を。
どうもありがとうございました!

2018年3月4日 十勝連携の会・地域啓発劇・音更町公演

所属の十勝連携の会の地域啓発劇「輝いて生きる」音更町公演に参加。
主催は音更町で、会場は音更町福祉センターにて。

今回で地域行脚2回目の公演だったが、多数の住民の方々が来場され、寸劇での「汗」もあったが、無事終了!

来場者のアンケートを読むと、ぐっと自分の身近なことに感じていただけたのが理解できた。
寸劇の伝える力は、かなり!

2018年3月4日 十勝連携の会・地域啓発劇・音更町公演

2018年3月3日 十勝連携の会地域啓発劇の練習へ

2018年3月3日 十勝連携の会地域啓発劇の練習へ

所属の十勝連携の会の地域啓発劇「輝いて生きる」の練習に参加。
会場は、 開西病院会議室にて。

昨年11月に第1回目の公演を新得町で行ったが、明日は第2回目の音更町公演を控える。と言っても、新得町以来の練習となるのだが…
しかし、皆気持ちの良い人ばかりが集まっており、楽しいひと時に。
(と言っても時々、総監督の熱い檄が飛んだりして)
「輝いて生きる」のテーマ、自分の人生の最期をどう生きるかは、とても大切なことである。それを伝える事は、自分にも考える場となる。。

2018年3月2日 帯広中札内会

2018年3月2日 帯広中札内会

中札内村出身者の帯広でのふるさと会である「帯広中札内会」に出席。
会場は、市内のガーデンズホテルにて。

私も50代になり、昨年同期の友人が村長になったという事もあって、故郷に想いを!という事で、今回初参加に。

テーブルの方々も殆んどが先輩たちであったが、生前の私の父と面識のある方との話をすると、何だかタイムスリップしたような時間に。

中札内村からの来賓のJA組合長は、少年期の少しの間、柔道の指導をいただいた方で、また商工会長は、子供時代に理容でお世話になった方。懐かしいやら緊張するやらの中、少しお話をする時間を持てた。

初参加者の挨拶という事で、故郷に育まれてここまで来た感謝と、旧友の村長のこれからの手腕に大きく期待し、ご挨拶完了。

どうもありがとうございました!!

2018年2月26日 帯広市歯科保健事業打ち合わせ会

2018年2月26日 帯広市歯科保健事業打ち合わせ会

帯広市こども未来部子育て支援課と十勝歯科医師会、そして事業での歯科衛生士担当者との「帯広市歯科保健事業打ち合わせ会」に参加。
会場は、帯広市保健福祉センターにて。

帯広市での乳幼児歯科保健事業のさらなる推進のための打ち合わせとなったが、1歳半から6歳までの半年間隔でのフッ素カードを配布し、協力歯科医院に訪れてのフッ化物塗布予防の利用者増加が一つのテーマだった。

12歳児のう蝕罹患指数であるDMFT指数が、全国平均が0.82本のところ北海道平均は1.5本。しかし道内主要都市の中で帯広市は0.95本と全国平均に近づく数字となっているのだが、継続されている予防歯科事業がこの結果を後押ししていると考えられ、市民への情報発信とさらなる予防利用の喚起とするのが一つの切り口でもある。

個人的には、丈夫な歯をどう使うか?の乳幼児の口腔機能の発達がのちの健康な身体つくりの基礎となる事を、多くの保護者に啓発することが重要と考えており、会議の中で少し意見交換をさせていただく。

会議は終始和やかにいい感じであり、行政担当者、歯科衛生士の前向きな姿勢に私たちも感謝しなければならないと考える。

どうもお疲れさまでした。

2018年2月25日 日本睡眠歯科学会セミナー

2018年2月25日 日本睡眠歯科学会セミナー

日本睡眠歯科学会「歯科医師のための睡眠学セミナー2018」に参加。会場は、JR東京総合病院大講堂にて。

午前は、「睡眠学」をテーマに、スリープ&ストレスクリニックの林田健一先生を講師に、睡眠学の基本事項を学ぶ。そして午後には「終夜睡眠ポリグラフ検査(PSG)」をテーマにJR東京総合病院の川野奈津子先生を講師に測定の手技と脳波を初めとする検査データの読み方を学んだ。 昨年に続いての参加となるが、おおよそ自分の中で基本的知識は整理されたと思う。今年春より睡眠に対しての診療室での歯科医療の実践を目標としているが、今回のセミナー参加は非常に有意義な機会に。
因みに昨日より結構歩き倒して、足が痛いが・・・

この学会では、再び勤務医時代の同僚のY先生と再会。限られた時間であったが、お話できて良かった。
是非、今度ゆっくりと・・・

2018年2月22日 つがやす歯科医院医療講習会

2018年2月22日 つがやす歯科医院医療講習会

つがやす歯科医院の医療講習会に栂安院長よりご案内いただき参加。開業前に勤務した職場であるが、当時よりスタッフ数が倍の人数となり、大型歯科医院として多職種連携を含めた地域医療に邁進し、国内の歯科医療ネットワークを構築する栂安院長の熱意と実力に改めて敬服。

今回の会場は、昨年増設された新館「プレンテ」にて、埼玉県でご開業の亀井英司先生を講師に、演題「時代の変化に対応する歯科医療〜近年増加するストレス起因性歯科疾患とその治療法〜」

近年増加する顎顔面口腔領域に発症する多様な不快症状は、感染性疾患の検査に見いだされない、ストレスに起因する心身症に属するものが少なくない。人は心身に過剰なストレスが加えられる事によって、神経系(自律神経)・内分泌系(ホルモン)・免疫系(サイトカイン)に乱れが生じることが原因と考えられる。ストレスの継続により交感神経が優位となり、咀嚼筋等の緊張がクレンチング(かみしめ)などのブラキシズムを発症させ、歯周組織や顎関節、頭頸部の疼痛を惹起することになる。

そこで今回の講習では、HRV(心拍間変異分析)によりストレス状態を診断し、生体深達性の高い近赤外線パルス照射機器によって星状神経節照射による自律神経の安定化を行う臨床報告を供覧した。

自律神経は、こころとからだの重要なキーワードである。そこに踏み込んで積極的に診療に取り入れる実践例は大きなインパクトを感じた。

自律神経の変化は、白血球の成分、マクロファージ・顆粒球・リンパ球の組成比の変化を起こし、人の体の変調をきたす要因となる。私も自律神経を乱さない歯科医療からのアプローチをポイントとして考えてきたが、今回の講習会の参加は、知見を広め今後の臨床への取り組み方の大きなヒントを学ぶ機会となった。

どうもありがとうございました。

2018年2月19日 帯広市子育て支援課担当者との意見交換会

2018年2月19日 帯広市子育て支援課担当者との意見交換会

来週に十勝歯科医師会と帯広市子育て支援課との協議会が有るが、それに先立ち、事前の意見交換会があった。

会場は、歯科医師会帯広会の F幹事長のクリニック待合室にて。
行政からは、子育て支援課課長と課長補佐さんとで、テーマは、現在実施されてきている乳幼児の予防歯科事業のさらなる推進。

帯広市では、1歳半から6歳までの半年間隔で、協力歯科医院での無料フッ化物塗布を含めた予防事業があり、対象者には「フッ素カード」が配布されている。しかし、その利用率がもっと伸びても良い状況。帯広市のような取り組みをしている行政は、道内主要都市には見当たらず、その地道な取り組みもあって、12歳児のう蝕罹患指数DMFTは、全国平均0.82のところ、北海道平均は1.5、そして帯広市平均は0.9という結果になっている。

さらなる推進策としては、乳幼児検診時の啓発ポスターや声かけ市広報での情報発信、そして協力歯科医側の対応の向上。フッ化物予防の枠のみならず口腔機能のチェックと育成のための関わり向上にあると考える。
意見交換は、かなりざっくばらんに行われた。

その後のF幹事長の言葉が印象的だった。
行政とのこれほど踏み込んで連携した活動を過去にほとんど経験したことが無く、すばらしい!と。
私も同感。行政の方の熱心さに感謝と、ならばこちらも「もう」ひど肌脱ぎますか?みたいな感覚に。(うん?見たくない?)

来週、本会議です!

2018年2月17日 帯広市多職種連携研修会

2018年2月17日 帯広市多職種連携研修会

帯広市主催の多職種連携研修会に出席した。
会場は、帯広市保健福祉センター多目的ホールにて。

今回のテーマは「美味しく食べるための多職種連携」で、前半に十勝歯科医師会のO理事の講演、そして後半に歯科衛生士、管理栄養士、言語聴覚士の3人の方がシンポジストとなり、それぞれの立場での取り組みについて実際の症例を交えてお話しとなった。

言語聴覚士の先生のお話を聞く機会は、いままでもわずかな経験で、病院内でのチーム医療の中での仕事の説明は、とても勉強になった。

ミールラウンド(食事観察)は、O先生が積極的に取り組まれており、昨年見学する機会を得たが、対象となる患者さん、利用者さんの口腔状態、嚥下機能評価、姿勢、一口量や食具など短時間にチェックポイントを的確にみて、その後の委員会で多職種で検討する流れである。

しっかりとお口から美味しく食べることが、元気の源であり、「安全に食べられる口づくり」に、私たちもしっかりと寄与できるように努力が必要であると考える。

どうもお疲れさまでした。

2018年2月10日 十勝歯科医師会障がい者歯科診療

2018年2月10日 十勝歯科医師会障がい者歯科診療

休診の土曜日午後、十勝歯科医師会障がい者歯科診療に参加。
十勝歯科医師会館内の、 十勝歯科保健センター診療室にて従事。

ボランティア参加は、かれこれ19年を数えるが、ここで培われたスキルや経験、他の先生とのつながりなど得る事は多い機会となっている。
本当は、もっと多くの会員の先生が幅広く参加し、皆で地域医療の責務を担っていく事が、望ましい事である。

しかし、理想と現実には・・・いつもそんなこと、言ってるが。

いずれにしても、マイペースに自分の責務としてとらえる。

2018年2月9日 十勝歯科医師会歯科麻酔講演会

2018年2月9日 十勝歯科医師会歯科麻酔講演会

診療後、十勝歯科医師会・会館センター部主催の講演会に参加。
北海道大学歯学部歯科麻酔科の木村幸文先生を講師に演題は、「歯科診療の偶発症への対応」と題して行われた。会場は、十勝歯科医師会館の歯科診療室にて。ユニット上にマネキンが鎮座しての偶発症の際の実際的対応などを確認した。

中でも、臨床処置に利用する局所麻酔薬でのアナフィラキシ―ショックの事例の供覧は、勉強となった。日常臨床で局所麻酔下の治療は、ルーティンな行動だが、遭遇しうる偶発症の可能性はゼロでは無く、その際の対処を含めて、改めて肝に銘じていきたいと考える。のちに会場を市内の居酒屋に移して懇親会。

かなり、和やかに・・・

2018年2月3日 十勝歯科医師会市町村歯科医会連絡協議会

2018年2月3日 十勝歯科医師会市町村歯科医会連絡協議会

十勝歯科医師会では、管内の各市町村内に歯科医会を有し、地域での歯科保健活動を行政と共同しながら進めているが、今回はその各地域担当者が集まっての十勝歯科医師会市町村歯科医会連絡協議会が行われ、帯広市からの代表としてF幹事長、N幹事とともに出席した。
会場は、十勝歯科医師会館にて。

各自治体での保健活動や介護事業などは、地域差はあれどおおよそ同じ取り組みとされるが、歯科医師との協働はそれぞれであり、温度差もある。また行政との関係性や歯科医師側の熱も、さまざまであると各報告や意見を聞いていて改めて思った。

フッ化物によるう蝕予防について意見交換の場面があったが、子どもたちのオーラルフレイルの予防において、う蝕予防以外の口腔環境や機能のチェックと必要な情報発信、予防的指導を個人的には重要視している。しかし、なかなかその視点での活動を耳にすることが多くはない。そこで帯広会幹事として次年度帯広市内での、地域でのその取り組み推進のお手伝いをしたいと考えている。

春の一仕事。

2018年1月6日 十勝歯科医師会新年交礼会

2018年1月6日 十勝歯科医師会新年交礼会

本日は、十勝歯科医師会新年交礼会に出席する。 会場は市内の 北海道ホテルにて。

年始めのご挨拶であり、また昨年よりスタートしたO会長執行部体制での初の交礼会。高校の先輩として親しくご指導いただく会長には、常々お世話になっており、歯科医師会内では別の部署担当ではあるが、歯科医師会を通した歯科医療の地域貢献への少しは援護射撃の役割を担えているか?とは現状自問するが。。。
今年もどうぞよろしくお願い致します!

毎年この日には、やっぱり想い返すことがある。。
2名の人との思い出である。
私には、時々切なくなる夜であることは間違いない。
私だけの個人的なこと。

2018年1月2日 中学校クラス会に出席

2018年1月2日 中学校クラス会に出席

中学校クラス会に出席。
片田舎なので、小学校もほとんど同じ仲間。もっと言うと、保育所からずっと同じ仲間も多数いる。
会場は、 市内の居酒屋「大庄水産」にて。

原風景の中で和やかに。
西方に、日高山脈の幌尻岳を仰ぎ見た子供時代の日々が懐かしい。
そんな私たちも51歳を数え、皆酸いも甘いも咬み分けてだが、気分は昔にタイムスリップし、わいわいと!

中学を卒業して、同じ高校に進んだ旧友も札幌より来た。彼の家族ももうこの地にはいない。かなり久しぶりの再会だった。今札幌で、医師として活躍している。
変わらず気さくな人柄で、懐かしい時間を。
ある話をしていた時の彼の言葉に「俺たちみんな、努力したよな・・」
というのを聞いた。
ほんと、そうだ・・・

故郷の仲間とは、良いものだ。。。

医院情報
pagetop